« ななな | トップページ | 中四レポ OB視点 »

2014年4月27日 (日)

ブログ~拝啓 後輩たちへ~

さて、早いもので、社会人になってそろそろ1か月が経とうとしています。
色々怒られてますけど、あと3週間くらいでもらえる初給料を楽しみに頑張ろうと思います。

ただ、上司からも言われましたけど、仕事を何のためにするのかを考えないとしんどいですね。
もちろん生活するため、お金を稼ぐためというのも一つの理由ですけど、
ただそれだけのために、人生の半分を捧げるというのもなかなか複雑なものがあります。

ま、今のうちは社会人としての常識を学んでいる最中なので何も言えないんですけどねw


という話題はこれくらいにして、

いよいよ中四まで1週間を切ったようですね。
部員日記でも副部長の熱い記事が更新されていましたね。
現在の部の状況がどうなっているかは知る由もありませんが、
なんとかA級に復帰してもらいたいものです。

とここで、A級団体通算勝率4割を誇るクソ手王子からの団体戦アドバイス!
…いや、4割っていうとたいしたことないようだけど、負けた相手は、
Mケンさん(O大)
U田さん(O大)
S髪君(K大)
Y武君×2(I大)
O田さん(I大)
2世さん(S大)
とかだからねw
ちなみに通算は8勝11敗です。…普通w

で、団体戦のアドバイスとしては、
「絶対に負けたくないという気持ちを持つ」
「対局相手に遠慮しない」
この二つです。

まず1つ目ですが、これは団体戦でほとんど勝ち越してるK・Nの両氏が言ってることから間違いないです。
特に、たいして強くもない傑出した強さを持っているわけではないKさんが、
団体戦において格上?相手に何度も逆転勝ちをしているのも偶然ではないでしょう。

「俺はこの対局に勝つ、いや、その運命にある!」
というくらいの気合で指せば、それだけで勝率7%アップ間違いなしです!
ついでにyoutubeで東進の渡辺先生の英語講座を見れば偏差値もアップです。

そして2つ目です。
将棋では、谷川先生に代表されるように、
詰みがあるのなら詰ませてあげるのが武士の情けだ、
これが美学のようなところがあります。
もちろんそれが理想なのですが、アマチュアではそうもいきません。
寄せありとみて切り込んだが、駒不足になり逆転負けした、なんてことはしょっちゅうです。

その結果チームが3-4負けになったなんてことになったら、目も当てられません。

だから、良くなっても一気に決めてあげる必要はどこにもありません。
むしろ良くなったからこそゆっくり、真綿で首を絞めるように攻めればいいんです。

ある先生が、
「得した駒は自陣に打て。そうすることで相手との戦力差がはっきるわかる」
みたいなことを言ってたと思うんですが、
ちょっとでも自陣に嫌味なところがあれば遠慮なく埋めればいいです。
すると、相手は形勢が悪いから暴れてきます。
そこをしっかり受け止めれば、自分から攻めなくてもどんどん形勢は良くなります。
あぁ、将棋ってこんなに簡単なゲームだったのか。

攻めがなければと金を作ればいいじゃない!
と金10枚作ったら負けとかいうルールはないんですから。

「わいは、と金生産工場の工場長や!」
と言いながら指せば、相手は笑って投了してくれます。
(保障はしませんw)


そして、自分が悪いときには、自陣に駒を埋めてひたすら長引かせましょうw
決してわかりやすい方向に局面をもっていかないように。

例えば、終盤で、不利な局面があるとして、
1、一直線に攻め合って、最後1手差でわかりやすい詰み筋で負ける。
2、攻め駒不足なんか知ったこっちゃないとばかりに自陣に全部投入して敗勢の中盤に戻す

なら、団体戦では2を目指すべきです。
なぜなら、アマチュアは基本的にミスが出ます。当たり前。
ただし、終盤の一直線の変化は、読み切れればプロと全く同じ手を指すことが可能です。
ところが中盤に戻せば、たとえ敗勢でも、相手は必ず間違えます。
(正確には、最善手がなかなか指せない)
それも1手ではなく何手も。
それが逆転までつながるかは別問題ですが、相手は気分的に相当嫌です。
「これで投了だと思ったんだけどなぁ」
なんて思ってるときにはミスが出る、ように、なってます。これ、類比構造。

1曲演奏終わったと思ったら最後にD.C.って書かれてたみたいな感じ。
(アニメの方じゃないよw)

形勢が悪いときに苦しいのは当たり前ですが、相手も優勢と思いながらも先が見えないと苦しいものです。
恥ずかしいなんてことは考えなくてもいいです。
どうしてもそう思ったときには、電王戦の塚田先生を思い出しましょう。
あそこまでいけばもはや感動です。
チームの誰も責めることはないでしょう。
むしろ持ち時間も残してあっさり土俵を割られると、
投了するならせめて持ち時間が切れるまでトイレにでも行ってろ、と若干イラッとしますw


わかりやすい局面にしないという意味では、早逃げ・入玉も有力です。
攻めてるほうは大概早逃げは考えてません(主観)
埋める手では苦しいと見たときには、早逃げも考えてみましょう。
また、中段玉は駒の効きがわかりづらく、玉の逃げる方向も多いので
攻めてるほうからすると読みにくいです。
詰んだと思ってると歩を取られて逃れていたり、ねw
だからわからなくなったら上に行って相手に考えてもらう、というのも一つの方法だと思います。(特に相手が金を持ってない時)
相手の攻めを切らすには、全部取るか、入玉するかだよん。

相手に遠慮しないという意味では、反則の指摘もね。
幸い広大の先輩には・・・そういう方がいらっしゃったのでw
ちょんちょんからの手を変えるとか、指した手と逆の手で時計を押したとか、
指す前に肘で時計を倒し、ボタンを押しちゃって先輩の投了のタイミングを奪うとか。
そんなことがあった時にはすかさず
「ボーク!ボーク!」といいながら本塁に帰ってきましょう。
…じゃなくてw
「それ反則ですよね!」と、堂々と言いましょう。
細かい判断は理事長達がやってくれます。
普段からアニメの話とかしておくとちょっと有利な判定してくれるかも(嘘ですw)
大概の反則は、すでに広大の先輩が反則を取った前例を作ってくれてるので、
それを言えばきっと反則にしてくれます。
反則勝ちしたときには、誰かわからなくてもいいので、心の中で
「Hさんありがとう」と言いましょう。

仮に続行になっても、相手は反則の件で勝手に委縮してくれるので、ガンガン行きましょう!
恥ずかしいなんて思うことはありません。
Twitterで「これだから広大はwww」と書かれるだけです。
良いネタができたと思って喜びましょう。

ちなみに僕は団体戦で一回相手が反則したことがあります。(ちょんちょん)
ただ、その時は言い出す勇気がありませんでした。
そして時間がたつにつれどんどん言い出しにくくなって・・・。
まぁそれでもチームが勝つかと思ったらなんと3-4負け。
しかも最終的には、そこで勝ってれば西日本出場でした。
これはかなり後悔しましたw
なんで、遠慮せず言いましょう。

ま、僕ができるアドバイスはこれくらいです。
大分長くなりましたがw
ってこれ広大の後輩用に書いたのに他大学の人も見れるねw
じゃあ他大学の人は見ないように。
って最後に書いても意味ないなw

行けたら応援に行くんで悔いが残らないように頑張ってね!



(雑記の羅列)
奈々さんのニューアルバム最近聞いてます。
最初はいまいちかと思ったけど、意外といいかも。
ただ、前のROCKBOUND NEIGHBORSのほうがよかったな。
ってSUPERNAL LIBERTYオリコンウィークリー1位やって。
俺が買ってなかったら2位やったな。
今のところ好きな曲はVIRGIN CODEです。

あとは、山口である奈々さんライブチケット取れるかどうか。
5月10日発売みたいなんですが、どうかなー。
チケット代7500円
交通費15000円
グッズ代7500円
一瞬で30000円…まぁお金貯めておきますw


艦これイベントは、E-4まで終わりました。
E-5は…ゲージ回復ないんでだらだら頑張ります。
大鳳育ててたほうがよかったかな。
あと、1回母港拡張しました。
将棋ウォーズは3段で停滞。
4段に上がれる気がしませんw

聞いてる声優ラジオはいたずら黒うさぎと天使のたまご。
聞く時間あんまりないね。

アニメは金田一くらい。
おすすめアニメは今やってるやつでお願いしますw

最近週末はゲーセンでDDRをやってます。
100円で4曲できるので、1,2クレジット。
日ごろの運動不足を…まぁその辺走ればいいんですけどねw

ん、なにこれ
http://www.windows-naviplus.jp/campaign/win8/8-1updatepack/index.html
キタエリと奈々さんのデュエット!?
これ聞きたいわー

最近の僕はこんな感じです。

« ななな | トップページ | 中四レポ OB視点 »

どうでもいいこと」カテゴリの記事

声優」カテゴリの記事

将棋」カテゴリの記事

水樹奈々」カテゴリの記事

コメント

俺も広大の応援行くかもー、みんなよろしくな


謙虚な気持ちでアゴ引いて、素直な気持ちでガード固めて、感謝を持って一歩前や!

ちなみに前の記事でのクイズの答えは「セックス」でした。

>鳥さん
広大の応援じゃなくてただバカ話したいだけやろw

人のブログでそんなこと書くなんて、どうかしてるぜっ!

DDRじゃなくてダンエボしようぜ!
それと東部支部のアマチュア大会でるようなら教えて。

>U谷君
ダンエボする勇気はないわw
東部支部の大会は、正直よくわからん^^;
まぁしばらく将棋大会出る余裕はないと思うけど、出る時にはブログかなんかで連絡するわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606702/55960630

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ~拝啓 後輩たちへ~:

« ななな | トップページ | 中四レポ OB視点 »